【競技結果】男子800m決勝

800m2

男子800m決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:川元 奨(スズキ浜松AC) 1分46秒22
2位:横田 真人(富士通) 1分47秒45
3位:三武 潤(日体大) 1分48秒99

800m4

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

高平慎士選手競技後コメント

200m13

男子200m予選2組 6位:高平慎士(富士通) 21秒21

pencil悔しさが一番ですね。ただ、“こうなること”がわからないような若い選手ではないので、希望と現実の差を受け入れることが、自分の中では必要でした。予選で落ちたことより、色々とサポートいただいた方に結果で返せなくて悔しい気持ちの方が今は強いです。

調子は悪くなかったですが、自信を持ってあそこに立てなかったので、それが出たレースでした。技術よりも、それが大きかったと思います。初めてオリンピックに行った時から、行けなかったのも初めてで、日本選手権に初めて出てから予選で落ちたのも初めてなので、その整理をつけるのに時間がかかるのかな、というのが正直なところです。
でも、そこまでやれたのは幸せなことでもある。今回、こういう状況になって色々な人の想いも感じることができると思うので、人生の勉強のひとつにしたいと思います。

オリンピックという4年に1回しかないものに対して、記録もメンタルも維持していくのは、やはり難しい。今後の目標をどういうところにおくかは、これから考えたいと思います。ひとまず、次は南部記念に出る予定なので、地元の北海道の人々に元気に走る姿を見せられればと思っています。

ふがいないと言ったらどこまでが対象になるかわからないですが、個人的にはこの日本選手権の舞台に立てたことが幸せであるという現実でした。応援してくださっている方には、期待の大きさの分、裏切りも大きくなってしまったことを悔しく思っています。僕の代わりと言ってはおかしいですが、今回オリンピックに行くメンバーの背中を後押ししてくれたら嬉しいですし、自分自身もそういうサポートをしたいと思っています。また今後、自分が世界大会を狙いに行く機会があるなら応援して欲しいと思いますし、最後は本当に感謝の気持ちしかありません。引き続き、富士通も日本代表も応援していただけると嬉しいです。

200m12

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

100周年記念セレモニー

今回の日本選手権は100回記念大会。陸上界に多大な貢献をしてきた多くの選手が集まり、記念セレモニーが行われました。

1001

富士通からも棒高跳の澤野大地選手が参加。その功績をたたえていただきました。

1002

これからも他の選手がこういう場に呼ばれるように、がんばってまいります!

1004

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

前の記事へ

このページの先頭へ