2013全日本実業団陸上

ご声援ありがとうございました!

今年も全日本実業団陸上が無事終了しました。

Photo_11

惜しくも優勝を逃す結果となってしまいましたが、現地に駆け付け声援を送ってくださったみなさま、Twitterやブログを通して応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

02_4

これから本格的な駅伝シーズンに突入します。
東日本&ニューイヤー駅伝で良い結果を残すべく、練習に励んで参りますので引き続き、温かいご声援をよろしくお願いいたします。

| |

福嶋監督総括コメント

Photo_8

pencil福嶋監督コメント
総合は2点差で負けてしまったので、少しもったいなかったですね。欠場者がいたのもあるし、今回は取りこぼしもあったので、最初から少し苦戦するんじゃないかなという気もしていました。ただ、チームとしてもまた目標ができたので、来年もう一回勝てるように選手も我々スタッフも頑張らなければいけないなと思います。

駅伝はこの2年ダメなので、本当に全力で頑張らなければいけない。そこに向けてしっかり取り組んでいるところなので、頑張っていきたいと思います。

| |

胴上げ!!

表彰式のあとは皆で集まってのミーティング。

Photo_9

その後は、今大会で第一線から退く大利選手を胴上げですsign03up

Photo_10

こんなにも高く舞う大利選手・・・!
本人は、さぞこわかったことでしょう(笑)

そんな胴上げのあと、なぜかうずくまる横田選手despair

02_3

どうやら胴上げの際、
大利選手の肘が横田選手の鼻にクリティカルヒットした模様sweat01sweat01sweat01
これにはチーム全員が大爆笑smile

横田選手にとっては、思わぬ災難となってしまいましたsweat02

| |

ワン・スリーフィニッシュ

こちら、富士通が誇る強力な1500mコンビ、ダニエル選手と田中選手thunder

Sengo1
ワン・ツーフィニッシュとはいきませんでしたが、2人とも決勝では常に上位争いを引っ張る、力強いレースを披露。ダニエル選手が1位、田中選手が3位となりましたscissors

Sengo2

「ダニエルに負けて3位なら、おめでとうでもいいかもしれませんが、それでも悔しいですね」と田中選手。中・長距離チームにとっては、これからのロードシーズンが勝負。お互いを刺激しあう2人の活躍が楽しみです。

Sengo3

| |

感謝の気持ちを結果で

「富士通に入って以来、日本選手権の優勝もない」と、競技後に話した棒高跳びの第一人者、澤野選手。きちんとした結果をここまで残せていないことに対して、一番責任を感じていたのは彼自身でしょう。

Yk6_2975_2

自己ベストには遠いですが、今日はしっかり5m50をクリアして優勝。チームのポイント獲得に貢献しました。
気合のこもったガッツポーズ!

Sawano2

これからも感謝の気持ちを結果で表す、それが澤野流

Sawano3

| |

高平キャプテンより

Photo_7

pencil高平キャプテンコメント
昨年まで6連覇していて、弱冠甘く見ていたところが全体的にあったのかなとも思います。やはり総合優勝するということに関して言えば、できる人はちゃんとやらなければいけないと思うし、できない人はできないなりに貢献の仕方があると思う。その1点1点の積み重ねが、僅差で負けるということにつながってしまうのかなと思います。大学時代に総合優勝をかけて戦ったメンバーもいるので、そういう意識は来年から、もう一度王座を奪還するために考えてやっていかなければならないかなと思います。

全員ダメだったわけじゃないし、それなりに納得のいく終わり方をした選手もいます。それぞれ出た人はやるべきことをやったと思うし、結果に関してはしょうがないと思うしかない。悔しさは全員が感じていることだと思うので、この気持ちを、また来年に繋げられればいいかなと思います。

| |

男子4×400mR決勝メンバーコメント

01

02_2

男子4×400mR決勝 1位(3分09秒56)

pencilメンバーコメント
第1走者:本塩
昨日の4継で悔しい想いをしたので、自分の走りうんぬんよりも優勝できたのでよかったです。

第2走者:高瀬
目標が優勝だったので、本当にチーム一丸となって戦えてよかったです

第3走者:岸本
個人では不甲斐なかったので、少しでもチームに貢献できたらよかったと思います。

第4走者:口野
絶対優勝したかったので優勝できてよかったのと、足の遅い僕のために、後輩がいっぱい貯金を作ってくれたので感謝の一言です。ありがとうございました。

| |

【競技結果】男子4×400mR決勝

男子4×400mR決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:富士通(本塩→高瀬→岸本→口野) 3分09秒56
2位:住友電工(土手→堀江→藤澤→小西) 3分11秒44
3位:ミズノ(安孫子→川面→岡本→石塚) 3分12秒90

| |

田中選手レース後コメント

1500m_2

男子1500m決勝 3位(3分47秒27)

pencil田中選手レース後コメント
ダニエルに負けての3位は悪くないですが、最後に全然対応できなかったのが悔しいです。去年も似たような展開で800mぐらいからズルズル落ちたのですが、今回はラスト1周まで余裕をもってつけたので、自分でも行けるかなと思っていました。

ただ、最後で前がスピードを上げた時に、自分の前にもう一人いてついていくのが難しい状況になったので、勝負所での位置取りですね。日本選手権でもそこが悪かったのですが、今回もそこが反省点です

夏合宿があけてこの大会まで仕上げる時間は短かったですが、富士通全体で総合得点などを考えてやっているし、1500mは3人出るからチャンスも多かったので、少しでも貢献できるようにと思って挑みました。その点では悪くない結果だと思います。来年も1500mを走るかわからないですが、1500、5000でスピードをつけて駅伝に臨んでいきたいと思います。

| |

廣瀬選手レース後コメント

400m

男子400m決勝 6位(59秒10)

pencil廣瀬選手レース後コメント
アップの最後で足がつってしまったのですが、点数争いのためにも出なければいけないなと思って出ました。調子自体は悪くなかったので、そのまま行ければと思って出たのですが、ふくらはぎに来ないように走って前半200mは普通に入れたものの、後半でつってしまいました。怪我がなかったら久々に45秒台に入れたのかなと思うのですが、つってしまったのが心残りです。

ここまで調子は良かったので、この大会ではタイムを狙っていました。予選の時に少し微妙だったのですが、一度軽くなっていけそうだなと思っていたら、決勝前のアップできてしまいました。

次は国体に出たいと思っていたのですが、それは身体の状態を見てになるかなと思っています。今年は世界陸上のマイルでいい走りができて、早く走る感覚は掴んだので、この大会でいいタイムを出したいと思っていました。その感覚は残して、来年は45秒前半で走れるように練習を組んでいきたいと思っています。

| |

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2009全日本実業団陸上 | 2010全日本実業団陸上 | 2010東日本実業団陸上 | 2010東日本実業団駅伝 | 2011世界陸上・韓国 | 2011全日本実業団陸上 | 2011東日本実業団陸上 | 2011東日本実業団駅伝 | 2012全日本実業団陸上 | 2012東日本実業団陸上 | 2012東日本実業団駅伝 | 2013全日本実業団陸上 | 2013東日本実業団陸上 | 2013東日本実業団駅伝 | 2014東日本実業団陸上 | お知らせ | グランプリシリーズ2010 | グランプリシリーズ2011 | スーパー陸上2009川崎 | スーパー陸上2010川崎 | ニューイヤー駅伝2010 | ニューイヤー駅伝2011 | ニューイヤー駅伝2012 | ニューイヤー駅伝2013 | ニューイヤー駅伝2014 | フォト日記 | マラソン2012 | 東日本実業団駅伝2009 | 第34回全日本競歩能美大会 | 第35回全日本競歩能美大会 | 第36回全日本競歩能美大会 | 第46回千葉国際クロスカントリー | 第49回全日本競歩高畠大会 | 第93回日本陸上競技選手権 | 第94回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第94回日本陸上競技選手権大会 | 第94回日本陸上競技選手権大会50km競歩 | 第95回日本陸上競技選手権 | 第95回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第95回日本陸上競技選手権大会50km競歩 | 第96回日本選手権50km競歩・第51回全日本競歩輪島大会 | 第96回日本陸上競技選手権 | 第96回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第97回日本選手権50km競歩 | 第97回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第97回日本陸上競技選手権大会 | 第97回日本陸上競技選手権大会・混成競技

このページの先頭へ