2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

2013東日本実業団陸上

2013年9月22日

総合成績

企業別対抗の最終成績をお知らせいたします。

■団体総合
1位:ミズノ(91点)
2位:富士通(89点)
3位:東邦銀行(64点)

■男子総合
1位:富士通(80点)
2位:ミズノ(71点)
3位:モンテローザ(42点)

2013年5月19日

ご声援ありがとうございました

Yk6_8350

今年も2日間にわたって行われた東日本実業団陸上は、無事終了いたしました。
一時は、今日のお天気が危ぶまれたものの、最終種目までなんとかお天気ももち、観戦日和だったのではないかと思います!

会場、Tiwtter等を通じてたくさんのご声援ありがとうございましたsign03

来月には日本選手権も行われますので、引き続き富士通陸上競技部へのご声援、よろしくお願いいたします。

ダニエル選手競技後コメント

Aw1d8369

男子5000mタイムレース4組 12位:ギタウ・ダニエル 14分09秒22

pencil ダニエル選手コメント
全然ダメでした。コンディションがあまり良くなかったので、練習のような感じで、しっかり走り切ることを目標にしていました。それでも、思ったようにはいかなかったので、個人的にもう一回練習をしっかりしなければいけないと感じています。
今は、練習しているものがうまく出ていない感じですね。次は日本選手権で一番を狙っていきますが、今はスタミナもスピードもないので、これから3週間で調整していきたいと思います。もう明日から練習です。
長距離チームは、去年に比べて少し調整が遅れている感じですが、夏からやればちょうどニューイヤーに間に合うと思うので、今から反省点を考えていきたい。個人的には、去年ホクレンの10000mで自己ベストを出したので、今年もう一回出して今後につなげたいと思います。チームとしては、まだ駅伝シーズンまで時間があるので、怪我しないように練習をしっかりこなしていきたいと思います。

Bo9i8599

山口選手競技後コメント

Aw1d8344

男子5000mタイムレース4組 13位:山口祥太 14分09秒36

pencil 山口選手コメント
まだ日本選手権の標準を切っていなかったので、このレースでは13分50秒を目標に、後は他チームの選手とどれぐらい競れるかを頭においていましたが、力不足でした。練習から他チームを意識していかないと、チームとしても自分自身としてもダメだなと感じます。
練習自体は悪くなかったと思うのですが、チームで伸びてくる選手がまだ出てきていなくて、勢いがない感じになっている。個人的にも日本人トップを争いたいと考えていましたが、結果的には中途半端な形になってしまいました。もう一回練習を積んで、6月のホクレンディスタンスで来年の日本選手権の標準を切り、腰を据えてやりたいと思います。
ひとりひとりが自己記録を更新するようになれば、チームが乗ってくると思うので、自分がそういう役割をこなせるように、頑張っていきたいと思います。

Aw1d8379

高嶺選手競技後コメント

Aw1d8356

男子5000mタイムレース4組 17位:高嶺秀仁 14分22秒15

pencil 高嶺選手競技後コメント
コニカミノルタの集団が前に出た時、ついていこうかと思ったのですが、うまくつけずにズルズル下がって、そのままになってしまいました。チーム全体を見てもボロボロなので、人のことは言えないですが、しっかりやり直さなければいけないと今日はすごく感じました。見ている人もそう思っていると思うので、一からやり直しです。
今日は、今季一番早いタイムで5000mを走りたいと思っていて、今までの14分06を、00や02にできればと思っていましたが、考えていたようなレースができず、後ろにいってしまいました。
今後のレースはホクレンを考えていましたが、ホクレンと言っているようなタイムではないので、スタッフと話して、日体の記録会にも出た方がいいと思っています。学生にも刺激をもらって、もう一度気持ちを切り替えていきたいと思います。

Bo9i8616

星選手競技後コメント

Bo9i8630

男子5000mタイムレース4組 18位:星創太 14分22秒15

pencil 星選手コメント
昨日1500mを走った疲れと足に違和感もあったので、今日は無理せず、今の身体の状態で追い込めればいいかなと思って走りました。レース前は14分14ぐらいを狙っていましたが、思ったよりダメージがありましたね。
レース中もスピードに乗り切れなかったので、この調子なりの記録が出ればと思っていました。今日はあまり収穫がなかったですが、日本選手権は5000mでしっかり走れるように、あと3週間でどれだけベストの状態に持って行けるか考えていきたいです。
今大会は、1500mで練習だと追い込めないようなスピードの試合を経験できたし、今日は疲れがある中での2試合目を経験できた。日本選手権も一日おいて予選・決勝なので、それを体験できたのは良かったです。これからは、日本選手権5000mでの決勝進出、8位入賞を目標に調整していきたいと思います。

Bo9i8588

田中佳祐選手競技後コメント

Bo9i8675

男子5000mタイムレース4組 20位:田中佳祐 14分32秒62

pencil 田中佳祐選手競技後コメント
今日は富士通に入って以降、最悪のレースでした。昨日も1500mを走っていたので動かないだろうとは思っていましたが、思った以上に動けませんでしたし、そこで踏ん張れなかったのが最もの反省点です。
何が悪かったのか、まだレースが終わったばかりで原因はわかりません。今季はなかなか調子もあげられずにいるので、連戦の疲れも出たのかなと思います。去年もこの大会で1500mと5000mを走ったので、今年はそれ以上の結果を目標に設定して大会に挑みました。その意味でも、特にこの5000mの結果は残念です。
今後は日本選手権に向けて頑張っていくだけですね。調子も落ちているので、うまく緊張感を持ってやっていけたらと思います。2月・3月で距離は踏んだつもりなので、スピードに切り替えて、うまく1500mに対応していきたいと思います。

Bo9i8564

菊池選手競技後コメント

Bo9i8357

男子5000mタイムレース3組 3位:菊池昌寿 14分15秒25

pencil 菊池選手コメント
昨日3000SCを一本走っているので、今日は練習の感覚で、気楽な気持ちでレースに挑みました。個人的には、14分一桁ぐらいでゴールできればと思っていましたが、風が強くて行ききれませんでした。力不足でしたね。ただ、2日間トータルで見ると良かったと思います。
今回は疲労のある中で、どれだけ粘れるかというテーマを持って走りましたが、ラストはけっこうきれていたので、次につながる走りができたんじゃないかと思います。日本選手権は3000SCを狙うので、ここで2本走っていい手応えを掴めたのは良かったと思います。
とりあえず日本選手権までは3000SC一本で行くので、長距離は夏を越えてから駅伝にシフトしていければと思っています。ひとまずはあと3週間、体調を崩さずに日本選手権に向けて、調整して行きたいと思います。

Bo9i8488

福井選手競技後コメント

Bo9i8373

男子5000mタイムレース3組 13位:福井誠 14分24秒73

pencil 福井選手コメント
今日が今シーズン初戦でしたが、大会前ようやく軌道に乗り始めたところで故障してしまったので、そこが悔やまれますね。後ろに腰がひけるような走りになってしまって、スピード感覚もなくなってしまいました。内容的にも、もう少し行ければというところです。
レース中は集団の中でどう走れるか考えていましたが、今一歩粘れない部分があったので、これも課題ですね。そういう悪い部分が出てきたのは、また修正していかないとダメだと思います。
今後は、また合宿ですね。練習内容次第でホクレンに連れて行ってもらえるかどうか決まると思うので、まずは故障しないように練習を続けていきたい。去年・一昨年とキャプテンでしたが肩の荷も下りたので、若手のサポートもうまくしながら個人としても伸び伸びやって、競技に集中していきたいと思います。個人的なことですが、5/6に結婚もしたので、今まで以上に頑張りたいですね。

Bo9i8504

平賀選手競技後コメント

Bo9i8353

男子5000mタイムレース3組 15位:平賀祥太 14分25秒73

pencil 平賀選手コメント
久しぶりのレースだったので、どれぐらい行けるかわからなかったですが、14分一桁ぐらいでは走りたいと思っていました。結果的には25秒ぐらいだったので、もうちょっといきたかったというのが、正直な気持ちです。
今大会は、今年のトラック一発目だったので、今の状態でどれぐらい走れるかをテーマに臨みました。そういう意味でも、まだまだだと思います。今年はトラックの自己ベストを更新したいと思っているので、出られたらホクレンなどで狙っていきたいと思います。
今日が富士通に入って初レースになりましたが、今までより結果が求められると思うので、責任を持ってやっていきたいと思います。大学の頃と環境も変わりましたし、こんな走りでは情けないので、しっかりやっていきたいと思います。

Bo9i8382

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2009全日本実業団陸上 | 2010全日本実業団陸上 | 2010東日本実業団陸上 | 2010東日本実業団駅伝 | 2011世界陸上・韓国 | 2011全日本実業団陸上 | 2011東日本実業団陸上 | 2011東日本実業団駅伝 | 2012全日本実業団陸上 | 2012東日本実業団陸上 | 2012東日本実業団駅伝 | 2013全日本実業団陸上 | 2013東日本実業団陸上 | 2013東日本実業団駅伝 | 2014全日本実業団陸上 | 2014東日本実業団陸上 | 2014東日本実業団駅伝 | 2015全日本実業団陸上 | 2015東日本実業団陸上 | 2015東日本実業団駅伝 | 2016全日本実業団陸上 | 2016東日本実業団陸上 | 2016東日本実業団駅伝 | 2017東日本実業団陸上 | message | お知らせ | グランプリシリーズ2010 | グランプリシリーズ2011 | スーパー陸上2009川崎 | スーパー陸上2010川崎 | ニューイヤー駅伝2010 | ニューイヤー駅伝2011 | ニューイヤー駅伝2012 | ニューイヤー駅伝2013 | ニューイヤー駅伝2014 | ニューイヤー駅伝2015 | ニューイヤー駅伝2016 | ニューイヤー駅伝2017 | フォト日記 | マラソン2012 | 東日本実業団駅伝2009 | 第100回日本陸上競技選手権大会 | 第100回日本陸上競技選手権大会・混成競技_ | 第17回アジア競技大会(2014/仁川) | 第34回全日本競歩能美大会 | 第35回全日本競歩能美大会 | 第36回全日本競歩能美大会 | 第46回千葉国際クロスカントリー | 第49回全日本競歩高畠大会 | 第93回日本陸上競技選手権 | 第94回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第94回日本陸上競技選手権大会 | 第94回日本陸上競技選手権大会50km競歩 | 第95回日本陸上競技選手権 | 第95回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第95回日本陸上競技選手権大会50km競歩 | 第96回日本選手権50km競歩・第51回全日本競歩輪島大会 | 第96回日本陸上競技選手権 | 第96回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第97回日本選手権50km競歩 | 第97回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第97回日本陸上競技選手権大会 | 第97回日本陸上競技選手権大会・混成競技 | 第98回日本陸上競技選手権大会 | 第98回日本陸上競技選手権大会・混成競技 | 第99回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第99回日本陸上競技選手権大会 | 第99回日本陸上競技選手権大会・混成競技