前の月へ

次の月へ

2016年5月

青春の一場面

男子200m、表彰式後のワンシーン。
高瀬選手は男子学生にサインを求められました。もちろん、快く対応する高瀬選手。

そして、サインをもらった後、「握手してもらえますか」と手の汗をふく男子学生。
もちろん、笑顔で手を差し出す高瀬選手。

何か、清々しい青春の一場面を見た気がしました。

Ike_2243_2

同じ競技を志す若者、それだけではなく多くのアスリートにとって、オリンピックは夢の舞台。その気持ちをしっかり受け止め、周囲のサポートへの感謝を忘れず、選手たちは世界の舞台に臨まなければいけません。

だからこそ、“日本代表”なのです。

Dsd_1376s

Dsd_1463s

東日本実業団陸上2日間、応援ありがとうございました。
オリンピック最後の選考の舞台、日本選手権まで約1か月。

自分たちがみんなの憧れの対象であること、その期待を裏切らないパフォーマンスを発揮しなければならないこと。そして、大会の大小にかかわらず、ベストを尽くす姿を見せなければならないこと。

選手たちは自覚をもって、大会へ世界へ挑みます。

| |

中村匠吾選手競技後コメント

 

Ike_3382

男子5000m決勝タイムレース4組 7位:中村匠吾 13分49秒29

pencil今日は暑さもあったので、13分45秒ぐらいを目安に走ろうと思っていました。想定内の走りはできたと思いますが、上野選手(DeNA)に日本人トップを取られたので悔しいです。それでも、次につながるレースになりました。

目標としては、日本人トップで13分40秒前半なら合格点と監督と話していました。結果的には近かったですが、後もう一歩でした。ツメが甘かったですね。

途中まで良い感触でしたが、最後の1000mで上がりきらない展開が最近続いているので、これからはラストで上げる練習をしていかないと、日本選手権は戦えないと思っています。標準記録を突破していないので、リオデジャネイロオリンピックは難しいと思いますが、日本選手権で上位を狙えるように、準備して臨みたいと思います。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

久我和弥選手競技後コメント

Ike_3560_2

男子5000m決勝タイムレース4組 26位:久我和弥 15分24秒36

pencilタイムは15分かかってしまったので、かなり悪かったです。目標にしていたのが14分一桁あたりで、練習でもそれぐらいという感覚だったのですが、思った以上に体が動きませんでした。

練習を休んでいて、1か月程度の準備しかできなかったので、体がまだ仕上がっていませんでした。もう少ししっかり走りたかったです。

今後に関しては、もう一度検討ですね。結果を出せるようになってから、次のステップに進みたいと思っています。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

佐藤佑輔選手競技後コメント

Ike_3360

男子5000m決勝タイムレース4組 佐藤佑輔 途中棄権
男子1500m決勝 10位:佐藤佑輔 3分49秒18 

pencil男子5000m決勝タイムレース4組 

痛みが出てしまって、走り切れませんでした。昨日のレースを走った割には、今朝の状態が良かったので、最初から積極的にいきました。それでも途中から昨日のゴール直後に痛めたところにまた痛みが出て、悔しいですが途中で棄権しました。

次は監督と相談になりますが、今年度は5000mのスピードをしっかり意識して、走れるようにしていきたいと思います。

pencil男子1500m決勝

日本選手権の参加標準記録となる3分48秒以内を狙っていて、予選でもきれなかったので、“なんとか決勝で”と思って挑みました。でも、もう一歩足りなかったというのが正直なところです。

調子はかなり上がっていますが、東京マラソンの前に怪我をして、練習を始めたのが2か月前ぐらい前だったので、まだ完璧に仕上がっていない感じですね。現状のべストは作り上げられていると思うのですが、悔しいです。

今日・明日で結果を出せなかったら日本選手権の期限が過ぎてしまうので、明日の5000mもスローな展開になると予想されますが、頑張りたいと思います。

Dsd_3530s

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

ジョハナ・マイナ選手競技後コメント

 

Ike_3494

男子5000m決勝タイムレース4組 ジョハナ・マイナ 途中棄権

pencil痛みがあったので、棄権することになりましたが、チームメイトのために走ることができたと思っています。結果的にジョン・マイナ選手が優勝することができて、個人的にも満足しています。

今後はオリンピック出場を目指してレースに出たあと、ホクレンで戻ってくる予定です。そこで、また良い走りができるように、駅伝もがんばっていきたいです。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

田中佳祐選手競技後コメント

 

Ike_3516

男子5000m決勝タイムレース4組 20位:田中佳祐 14分29秒85
男子1500m決勝 4位:田中佳祐 3分44秒96

pencil男子5000m決勝タイムレース4組

悪い結果でしたが、この結果を修正してこれから上げていくしかないので、切り替えたいと思います。次は、日本選手権の5000mをターゲットにしているので、そこでしっかり走れるように練習していきたいと思います。

pencil男子1500m決勝

今回は日本人トップを最低限の目標としていたので、欲を言えば3着以内だったのですが、目標は達成できたので良かったです。

あまり調子自体は良くなかったですが、予選も決勝もある程度余裕をもって走れました。外国人選手の後ろをつかせてもらえればいいかなと思っていたので、ちょうどいいペースの中で、得意な展開に持ち込めたのは良かったです。

調子があまりよくなかったので、明日のレースに関してはこれから考えますが、基本的に1500mは5000mに向けてのスピード練習と考えて、取り組んでいきたいと思っています。

Dsd_3527s

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

ジョン・マイナ選手競技後コメント

Ike_3624

 

男子5000m決勝タイムレース4組 1位:ジョン・マイナ 13分31秒26
男子1500m決勝 2位:ジョン・マイナ 3分43秒74

pencil男子5000m決勝タイムレース4組
優勝できて、とても嬉しいです。1500m以降はジョハナ・マイナ選手の助けもあって、ペースメーカー的に協力してもらえたので最後まで走り切ることができました。今後に関してはホクレンでの10000mの記録を狙っていきたいと思います。今日はいい結果が出せて満足しています。

pencil男子1500m決勝
今日の結果に関しては、とても良い成果が出たと思っています。明日の5000mを本番と捉えているので、今日の1500mはスピード練習のつもりで出ました。2位という結果には、満足しています。予想以上にハイスピードの展開になりましたが、自分のベストは尽くせたと思います。明日のレースで、しっかりと目指す結果を残したいと思います。

Dsd_3559s

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

音部拓仁選手競技後コメント

Dsd_2816s
男子棒高跳決勝 6位:音部拓仁 4m60
男子砲丸投決勝 8位:音部拓仁 11m91

pencilメインは3週間後の日本選手権なので、今大会は苦手種目やポイントを抑えるために出場種目を選びました。

練習が普段できていない棒高跳びは、澤野選手にアドバイスをもらいながら飛べましたし、レベルの高いところで何本か飛べただけでも収穫はありました。砲丸投も6本、ハイレベルな中で戦えたので、どちらも掴めたものがありました。

今年はオリンピックイヤーなので、実力的には難しいですが、オリンピックの標準記録である8100点を目指したいと思っています。6月の日本選手権で全種目自己ベストか、それに近い状態でこなせれば無理ではないので、狙っていきたいです。

Ike_3127

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

平賀翔太選手競技後コメント

Ike_3099

男子5000m決勝タイムレース3組 17位:平賀翔太 14分49秒14

pencil14分20秒切りを狙っていましたが、予想よりも走れませんでした。レースが久しぶりだったのもあって、走力が戻りきっていないのを感じましたね。

今大会は練習の一環といった位置づけでしたが、もう少し走りたかったです。後半粘りたいと思っていたのですが、課題はまだいっぱいです。

今後、トラックはまだ5000mを何本か走りたいと思っています。それに向けて、切り替えて頑張っていきたいと思います。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

岸本鷹幸選手競技後コメント

 

Ike_2850a

男子400mH決勝 4位:岸本鷹幸 50秒03

pencil今季初戦だったので力を調整していたのですが、予選が遅すぎたので、決勝ではもう少し出しました。感覚的には、最初のスピードが出ることはわかったので、練習さえすれば大丈夫だと思っています。

決勝は200m以降の出来が悪すぎましたが、長い距離の練習がつめていないので、まだ400m走る体ができていませんでした。課題だった前半のタイムを計って、後はどういった練習をしていくか、監督と話し合って決めていきたいと思います。

今日のレースで確認して、次は日本選手権になります。大会に向けて仕上げて、一度オリンピックの派遣記録を出しておきたいと思っています。予選のままだと先が見えなかったですが、決勝が見えてきたので、しっかりあわせていきたいと思います。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子砲丸投決勝

男子砲丸投決勝の競技結果をお知らせします。

1位:中村太地(落合中教) 17m90
2位:佐藤征平(落合中教) 16m98
3位:畑瀬聡(群馬綜合ガードシステム) 16m89
・・・
8位:音部拓仁(富士通) 11m91

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子5000m決勝タイムレース

男子5000m決勝タイムレースの競技結果をお知らせします。

◆4組
1位:ジョン・マイナ(富士通) 13分31秒26
2位:Wiliam Malel(Honda) 13分32秒97
3位:ALEXANDER MUTISO(NDソフト) 13分34秒11
・・・
7位:中村匠吾(富士通) 13分49秒29
20位:田中佳祐(富士通) 14分29秒85
26位:久我和弥(富士通) 15分24秒36
※ジョハナ・マイナ、佐藤佑輔、菊池昌寿は途中棄権

◆3組
1位:荻野眞之介(JR東日本) 14分15秒76
2位:高瀬泰一(RUSH) 14分17秒86
3位:三浦洋希(日清食品グループ) 14分20秒77
・・・
17位:平賀翔太(富士通) 14分49秒14

◆2組
1位:佐藤達也(警視庁) 14分20秒26
2位:元村大地(日清食品グループ) 14分24秒40
3位:渡邊晋史(コモディイイダ ) 14分26秒46
・・・
19位:千葉健太(富士通) 14分56秒06

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

高瀬慧選手競技後コメント

 

Ike_2723

男子200m決勝 2位:高瀬 慧 20秒99

pencil昨日の100mは予選6割・準決勝7割ぐらいで走り、試合勘を取り戻したうえで今日の200mを走れたらと思っていました。100mは良かったですが、200mのタイムはいまいちでしたね。

今日の200mは個人的に、20秒70ぐらいを目標にしていました。100m2本と200mの予選は全体的にまとめるレースをしていたのですが、それだと後半どうなるか分からなかったので、200m決勝ではスタートから出ることを心がけました。それはできたので次につながるレースになりましたし、気持ち的に吹っ切れたので良かったと思います。

後半の失速に関しては、練習をつめていないのが原因なので、この1か月を勝負だと捉えて、改善していきたいです。焦りや不安はありますが、そう思っても仕方がないので、1か月後の日本選手権までにオリンピック派遣設定の20秒28が出せる状態まで、合わせられたらと思います。

次は鳥取のスプリントになりますが、ある程度形を作れたらと思います。現状、スタートから出ると後半にガス欠が起こっているので、後半も走れる練習をして、しっかりと五輪の代表権獲得したいと思います。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

高平慎士選手競技後コメント

 

Ike_2704a_2

男子200m決勝 3位:高平慎士 21秒10

pencil200mは自分の感覚と“乗りきれかた”が違ったので、悔しいというか、もどかしいのが一番の気持ちですね。結果には納得できていません。

練習の流れから見れば、ここまで時間がかかる予定ではなかったので、原因はこれからビデオを見て分析しますが、感覚的に自分らしさがなかったと感じています。

昨日の100mは今日のために走ったので、昨日の方が良かったのは残念ですね。昨日の流れを今日に落とし込む予定だったのが、結果的に意味がないぐらいになってしまったのは、もったいなかったと思います。

次は日本選手権になると思いますが、走れたら五輪を狙える位置まで持っていきたいと思います。3回も出させてもらっている五輪に4回目もチャレンジできるのは、すごくありがたいと思いますし、体が保てているのも会社や周りの方々のサポートあってこそ。リオに行って良い結果を出せれば最高ですが、今の自分はどこまでチャレンジできるのかが課題なので、その過程を色々な人たちにどう見てもらえるかが大事だと思っています。メダルや19秒台など様々な目標を立てていますが、可能性がある限り狙っていきたいと思います。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子400mH決勝

男子400mH決勝の競技結果をお知らせします。

◆2組
1位:野澤啓佑(ミズノ) 48秒69 ※大会記録
2位:杉町マハウ(日本ウェルネス) 48秒96  ※大会記録
3位:松下祐樹(ミズノ) 49秒78
4位:岸本鷹幸(富士通) 50秒03

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子200m決勝

男子200m決勝の競技結果をお知らせします。

1位:藤光 謙司(ゼンリン) 20秒70
2位:高瀬 慧(富士通) 20秒99
3位:高平 慎士(富士通) 21秒10

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

千葉健太選手競技後コメント

 

Ike_2371

男子5000m決勝タイムレース2組 19位:千葉健太 14分56秒06

pencil全然ダメだったので、課題が残るレースになりました。

中盤での粘りがまだまだなので、そこが浮き彫りになった試合です。レースが続いていたので、その流れでなんとかと思ったのですが、思うようには走れませんでした。

今後は、もう一度一から練習して、中盤でしっかり粘れる力をつけてトラックなどで結果を残していきたいと思っています。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子400mH予選

男子400mH予選の競技結果をお知らせします。

◆2組
1位:安部孝駿(デサント) 50秒51
2位:杉町マハウ(日本ウェルネス) 50秒90
3位:岸本鷹幸(富士通) 51秒25

※岸本鷹幸選手はタイムにより決勝進出

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子200m予選

男子200m予選の競技結果をお知らせします。

◆6組(風 +2.2)
1位:高平慎士(富士通) 21秒02
2位:渡辺潤一(World Bridge) 22秒14
3位:本間圭祐(アキレス) 22秒23

◆5組 (風 +0.1)
1位:高瀬慧(富士通) 20秒92
2位:根岸紀仁(リニアート) 21秒97
3位:小倉篤人(明和県央高教) 22秒32

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

次のステージへジャーンプ!

2016東日本実業団陸上、初日は短距離で好記録連発の1日となりました。

オリンピックイヤー特有の緊張感の中、各選手は自身のレベルアップ、新しいステージへの道を模索しながら戦っています。次のステップに向けてジャーンプ!

  Dsd_2426s_6

とスタート前にルーティンを行う高瀬選手も期待のかかるひとり。

2日目も、それぞれ選手は現状の最大限の力で試合に挑みますので、応援よろしくお願いします。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

山口祥太選手競技後コメント

Dsd_4661s

男子10000m決勝タイムレース2組 9位:山口祥太 28分58秒12

pencilタイム的には28分50秒ぐらいを目安として、今回は順位を重視していました。他の企業の選手と現状でどこまで戦えるかを念頭に挑んだのですが、最後に抜いていたら8位になれたので悔しい気持ちはあります。

後ろの集団で他の選手についていく形だったので、レースとして褒められたものではないですが、練習してきたことは出せました。ここからスピードを上げていけば、ホクレンで記録は出せると思うので、クリアできるようにしていきたいです。

コニカミノルタの選手が前を走っていたので、ニューイヤー駅伝上位のチームと、まだ力の差はあるなと感じました。今年はチームとして、駅伝に力をいれて取り組んでいくつもりです。それぞれがトラックで記録を更新していけば勝負できると思うので、新人の勢いをもらいつつ、フレッシュな気持ちで駅伝に臨みたいと思います。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

田井慎一郎選手競技後コメント

Dsd_4575s

男子10000m決勝タイムレース2組 13位:田井慎一郎 29分15秒17

pencil目標は入賞でした。もうひとつ前の集団で粘れていたら、上位を狙えたので、我慢できなかったのは残念です。

今日は序盤からきつくなって、うまく乗りきれなかった部分がありました。今月の頭から試合が続いたので、そうなるだろうと予想していましたが、スタミナの面が一番課題になりました。思ったより自分が弱かったですね。そこは、練習で改善していきたいと思います。

次のレースはホクレンですが、時間が1か月半ぐらい残されているので、目的を絞ってやっていきたいと思います。5000mは自己ベストが出せたので、ホクレンでは10000mの自己ベストを出したいです。まだ速いペースの練習を行っていないので、しっかり強化していきたいと思っています。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子10000m決勝タイムレース

男子10000m決勝タイムレースの競技結果をお知らせします。

◆2組
1位:Charles Ndungu(小森コーポレーション) 28分04秒31
2位:Daniel MuivaKitonyi(カネボウ) 28分05秒03
3位:サムエル ・ムワンギ(コニカミノルタ) 28分08秒32
・・・
9位:山口 祥太(富士通) 28分58秒12
13位:田井 慎一郎(富士通) 29分15秒17
22位:柏原 竜二(富士通) 29分48秒42

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

柏原竜二選手競技後コメント

Dsd_4279s

男子10000m決勝タイムレース2組 22位:柏原竜二 29分48秒42

pencil良かったのは5000mまでだったと思います。ここで落ち込まずにコンディションの作り方、練習の仕方を考えていかなければいけないですし、これでへこんでいたらマラソンも走れないので、そのためにやるべきことをやるしかないと思っています。

アップの段階で、体が動かないかもしれないと感じたのですが、それを言い訳にせず、現状のコンディションで最大限の走りをするのがレース。その点に関しては、未熟だったと思います。レースになると、前の人についていかなければならないという気持ちになりますし、今日も先頭が動いたから自分も動いた場面があるので、もっと落ち着いたレースをすることが課題ですね。

体力的には走れているので、まずはしっかり練習して、スピードを強化したいと思っています。ただ、スピードを強化しすぎるあまり、距離を踏むことなどをおろそかにしないように、自分で目標を立てることが、今後は大事だと考えています。

秋以降の駅伝も頑張らなければいけないですが、まずは自分の体調を見極めて練習しないと、駅伝では勝てません。チームに合わせること、個人でやるべきことをしっかり取り組んで、みんなで盛り上がっていきたいと思います。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

前野貴行選手競技後コメント

Dsd_3537s

男子1500m決勝 16位:前野貴行 4分01秒43

pencil入部前の怪我で去年は全く試合に出られず、今年に入ってやっとレースに出られるようになっての大会でした。今回は、実力のある選手が棄権したので、決勝に残れたというのが現実です。チャンスを活かせたのは良かったですが、もっと力をつけていかなければ厳しいなと感じています。

予選のメンバーを見た時にかなりレベルが高かったので、本数をこなせばと思っていました。そういう意味で、2本走れたのは良かったです。

今後は秋の駅伝に向けて、しばらく練習期間に充てていくつもりです。レース自体2年ぶりに走っている状況なので、今のうちにみんなとの距離を埋めて、駅伝シーズンを迎えたいと思っています。まずは、順調に練習をこなしていくことを大事に頑張っていきたいです。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子棒高跳決勝

男子棒高跳決勝の競技結果をお知らせします。

1位:澤野大地(富士通) 5m50
2位:石川文貴(阿見アスリートクラブ) 5m20
3位:高橋友輝(リニアート) 4m90
・・・
6位:音部拓仁(富士通) 4m60

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子1500m決勝

男子1500m決勝の競技結果をお知らせします。

1位:ABIYOT ABINET(八千代工業) 3分42秒88
2位:ジョン・マイナ(富士通) 3分43秒74
3位:JOSEPH ONSARIGO(NDソフト) 3分44秒25
4位:田中佳祐(富士通) 3分44秒96
・・・
10位:佐藤佑輔(富士通) 3分49秒18
・・・
16位:前野貴行(富士通) 4分01秒43

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子100m準決勝

男子100m準決勝の競技結果をお知らせします。

◆2組 (風 +2.2)
1位:高瀬慧(富士通) 10秒28
2位:伊藤太一(水戸市地域支援センター)  10秒41
3位:川面聡大(ミズノ) 10秒44

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

菊池昌寿選手競技後コメント

 

Dsd_2039s

男子3000mSC決勝 1位:菊池昌寿 8分49秒85

pencil菊池昌寿 競技後コメント

3000mSCを2年ぶりに走ったので、久しぶりのレースになりました。全日本実業団での3000mSC出場を見据えて走ったのですが、日本選手権の標準を切ることができたので、今後どうするかはチームと話して決めたいと思っています。

本当にレース自体久々だったので、最後にスパートして勝てればと考えていました。序盤は後ろについて、ラストで前に出ることができたので、狙い通りのレースができたと思います。

今後に関しては、ホクレンでの10000m自己ベスト更新を狙っていましたが、この3000mSCもどうするか監督と相談しながら、新人の潰滝選手と一緒に切磋琢磨していけたらと思っています。今日は久しぶりに走れて、楽しかったです。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

高橋英輝選手競技後コメント

 

Dsd_1555s

男子5000m競歩決勝 1位:高橋英輝 19分02秒91

pencil高橋英輝 競技後コメント

今回は東日本実業団ですので、チームのためにしっかり優勝することを目標に歩きました。

個人的には、“自分の歩きをする”ことをテーマにしていました。それほど大会前に練習ができていなかったので、最初はゆっくり歩いて、後半に自分の歩きができたのは良かったと思います。いまいち自分の理想とするような歩きではなく、フワフワしてしまったのは課題を感じたところ。もう少し自分で引っ張っていけたら良かったかなと思います。

とりあえず、しっかり結果を残せたので安心しています。五輪に向けては、6月からの合宿で準備をしていくことになりますが、これから長い期間練習する時間があるので、しっかり実力をつけて五輪に挑みたいと思います。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

森岡紘一朗選手競技後コメント

Dsd_1607s_2

男子5000m競歩決勝 5位:森岡紘一朗 20分26秒54

pencil森岡紘一朗 競技後コメント

今回は、直前の合宿でしっくりこなかった部分や課題がある中、現状確認で歩き、練習通りの状態だなと感じました。思ったより良かった悪かったというのはないですが、まだまだやるべきことが多いです。

意識していたのは、速いペースになってからの動きだったり、レース時の気持ち、疲れてきた時の自分自身の反応などを確認したいと思っていました。ひとまずは、レースに出て無事に終えられたので、良かったと思います。

調子としては、あまりいい状態ではないですが、オリンピックに向けた期間を考えれば、ギリギリ間に合うと思っています。これから合宿に入りますが、自分自身も3回目の五輪になるので、今までの経験を生かして最大限の力を発揮していきたいと思っています。

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

澤野大地選手競技後コメント

Dsd_3818s

男子棒高跳決勝 1位:澤野大地 5m50

pencil5m70㎝を飛びに来たので、残念な結果ですね。熊谷は風がやりづらい競技場なので、難しかったです。ウォーミングアップの時からあまり良くなくて、5m50を飛んだ時も体は良かったのですが、中間から風が入ってきて体が浮いたり、ポールが倒れたりしていたので、修正に時間がかかってしまいました。

5m60に上がってからは、ずっと向かい風だったので難しかったです。調子は悪くないので、色々なことが噛み合えば全然問題ないと思っています。練習でもそれなりの高さを飛べていますし、日本選手権までにもう一試合出る予定なので、練習をしっかり積んで、その試合で5m70を飛んで日本選手権に挑みたいと思います。

(日本選手権に向けては?)絶対、リオに行きます。それだけです。リオに行くために、その日何をしていけばいいか、ということをしっかり考えながら、あと1か月を過ごしていきたいと思います。その準備もできています。

久しぶりに、状態がいいと感じられる年を迎えられています。今年のような大事な年を、こういう体で迎えられているのはすごく幸せなことですし、それは支えてくださった皆様のおかげだと思っています。その応援に応えられるように、リオにしっかり行けるような跳躍を日本選手権では行っていきたいと思います。

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子3000mSC決勝

男子3000mSC決勝の競技結果をお知らせします。

1位:菊池昌寿(富士通) 8分49秒85
2位:佐野雅治(新電元工業) 8分56秒48
3位:神直之(北星病院) 8分57秒14

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子100m予選

男子100m予選の競技結果をお知らせします。

◆7組(風 +0.4)
1位:藤光謙司(ゼンリン) 10秒51
2位:高平慎士(富士通) 10秒57
3位:小倉篤人(明和県央高教) 10秒92

◆6組 (風 -0.4)
1位:高瀬慧(富士通) 10秒51
2位:根岸紀仁(リニアート) 10秒88
3位:佐々木優人(KDDI) 11秒14

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子1500m予選

男子1500m予選の競技結果をお知らせします。

◆3組
1位:ジョン・マイナ(富士通) 3分50秒98
2位:遠藤清也(NDソフト) 3分55秒76
3位:前野貴行(富士通) 3分55秒95

◆2組
1位:ABIYOT ABINET(八千代工業) 3分48秒51
2位:楠康成(小森コーポレーション) 3分49秒17
3位:田中佳祐(富士通) 3分49秒87

◆1組
1位:JOSEPH ONSARIGO(NDソフト) 3分46秒23
2位:加藤光(JR東日本) 3分46秒46
3位:牟田祐樹(日立物流 ) 3分49秒04
・・・
4位:佐藤佑輔(富士通) 3分49秒19 

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子5000m競歩決勝

男子5000m競歩決勝の競技結果をお知らせします。

1位:高橋英輝(富士通) 19分02秒91
2位:荒井広宙(自衛隊体育学校) 19分05秒46
3位:谷井孝行(自衛隊体育学校) 19分07秒58
・・・
5位:森岡紘一朗(富士通) 20分26秒54

clipTwitter ★2016東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP

| |

東日本実業団陸上が開幕!

みなさん、おはようございますsun

今日から熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて、毎年恒例の東日本実業団陸上競技選手権大会がスタート。

今年は待ちに待ったオリンピックイヤー。
リオデジャネイロオリンピックに出る選手もたくさん参加します。

出場を決めて調整のつもりで臨む選手、日本選手権に向けて自分の力試しと捉えている選手、そして最後のチャンスと思って参加する選手。それぞれ思いは違いますが、自分の記録と戦いベストを尽くす気持ちは同じ。彼らがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待しましょう!

富士通選手達へ熱いご声援をよろしくお願いいたします!

clip★情報満載Twitter
clip富士通陸上競技部HP

| |

前の月へ

次の月へ

このページの先頭へ