2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 髙瀬慧選手競技後コメント | トップページ | コロラド州・ボルダーの中村より »

2016年7月28日

ジョハナ・マイナがもたらした笑顔と仲間の絆

◆ジョハナ・マイナがもたらした笑顔と仲間の絆
Johana Maina brought smiles and bonds between teammates

2012年5月、ジョハナ・マイナはケニアから日本にやってきた。来日してわずか数日。気候も言語も違う場所で、いきなり2012年仙台国際ハーフマラソンを走ったジョハナ・マイナは、1:01:34で優勝。藤原新選手(1:03:32)、川内優輝選手(1:03:49)など国内有力選手に2分近い差をつける、見事な走りだった。この記録は、今も大会歴代3位タイのタイムとして大会史に残っている。

Johana Maina came to Japan from Kenya in May, 2012.  In a few days (after his arrival), he ran in the Sendai International HalfMarathon 2012 and won in 1:01:34, in the country where the weather and language are completely different.  It was an excellent run, almost two minutes faster than  Arata Fujiwara(1:03:32) and Yuki Kawauchi(1:03:49), two of the best runners in Japan.  This remains the third-tie record in this competition.

 

Collage0

 

その鮮烈なデビュー戦以降、ジョハナ・マイナは富士通陸上競技部の強力な外国人助っ人となった。
同郷のギタウ・ダニエルと切磋琢磨しながら、東日本実業団対抗駅伝、元旦のニューイヤー駅伝で活躍。インターナショナル区間を走り、各チームの世界的強豪選手とデッドヒートを繰り広げた。

After the spectacular debut, Johana Maina became a strong foreign helper for the Fujitsu Track and Field team.  He worked hard with Gitau Daniel, who was from the same province, and ran splendidly in the East Japan Industrial Ekiden and New year Ekiden.  He ran the international section, and ran neck and neck with the big-name foreign runners from each team.

そして何より、彼の明るい性格が富士通陸上競技部にもたらしたものは大きい。人懐っこい性格はチームに受け入れられ、常に優勝を目指す競技に対する真摯な姿勢は、チームメイトに勝利への意欲を植え付けた。

But just as big was what he brought toFujitsu Track and Field team with his cheerful character.  He was easily accepted by the team because of his friendly personality, and his sincere effort and attitude for win instilled in his teammates the desire for victory. 

 

Collage

 

2016年5月の東日本実業団陸上。男子5000m決勝タイムレースに出場したジョハナ・マイナは、足の痛みを感じて途中棄権した。しかし、棄権する間際までチームメイトのジョン・マイナをサポートし続け、彼の優勝の立役者になった。

優勝したジョン・マイナは「優勝できて、とても嬉しい。中盤からはジョハナ・マイナ選手がペースメーカー的に協力してくれたので、最後まで走り切れた」と彼への感謝を口にした。

そして、ジョハナもまた自分のことのように、仲間の成功を心から祝福した。「痛みがあって棄権したが、チームメイトのために走ることができた。結果的にジョンが優勝できて、個人的にも満足している」、そんな自分の成功よりも仲間の成功を喜ぶ選手だった。

During the East Japan Industrial Track and Field Meeting in May 2016, Johana Maina withdrew from the final of 5000m race because of his painful foot.  However, he continued to support his teammate John Maina until his withdrawal and that helped John greatly to win the race.  John Maina said with appreciation, “I am really happy for my victory, and I could finish  strong because Johana Maina played the part of pacemaker for me after the middle part.”  Johana also congratulated him wholeheartedly for his teammate’s victory.  He said, ” I had to withdraw because of the pain, but I could run for my teammate.  I am personally satisfied with John’s victory.”  He was the person who was pleased with his teammates’ success more than his own.

 

Collage2

 

不運にもケニアに帰国中の急病により、帰らぬ人となってしまったジョハナ・マイナ。彼と共に走ることはもうできないが、その意思は富士通陸上競技部に託された襷の中で生きていく。

Unfortunately, Johana Maina passed away in Kenya because of sudden illness.  We cannot run with him any longer, but his will will live on in the tasuki (sash for ekiden-relay) he passed to the Fujitsu Track and Field team.

 

Collage3

« 髙瀬慧選手競技後コメント | トップページ | コロラド州・ボルダーの中村より »

フォト日記」カテゴリの記事