2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 田中佳祐選手競技後コメント/2017東日本実業団陸上 | トップページ | 真剣勝負の中で。高めあう存在-高橋英輝と松永大介- »

2017年5月20日

久我和弥選手競技後コメント/2017東日本実業団陸上

 

Ike_8946

男子10000m決勝タイムレース2組 21位:久我和弥 29分59秒67

pencil前半はいい位置取りだったのですが、後半はバテました。粘ってついていくところができませんでした。

合宿も順調だったので最低でも29分前半で戦えるかなと思って準備してきましたが、想像以上に体が動かなかったですね。粘れませんでした。もう少しいける自信が自分の中ではあったのですが、原因を見つけて反省したいと思います。今回はタイムより日本人のトップ争いを意識していて、前の方で粘るつもりでしたが、思っていた以上に悪い結果でした。

次はホクレンの10000mで自己ベストを狙っていくので、もういちど組み立てていきたいと思います。特別に悪いところがあるわけではなく、感覚のはき違えだと捉えているので、立て直せると思っています。

clipTwitter ★2017東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP
clip動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]

« 田中佳祐選手競技後コメント/2017東日本実業団陸上 | トップページ | 真剣勝負の中で。高めあう存在-高橋英輝と松永大介- »

2017東日本実業団陸上」カテゴリの記事