2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 【競技結果】男子400m決勝/2017東日本実業団陸上 | トップページ | ジョン・マイナ選手競技後コメント/2017東日本実業団陸上 »

2017年5月20日

佐藤拳太郎選手競技後コメント/2017東日本実業団陸上

Ike_8419

男子400m決勝 1位:佐藤拳太郎 46秒69

pencil予選では、最初飛ばして200mぐらいまで走れましたが、最後は失速してプラスで拾われる形になりました。原因としては、ペース配分や風がこの辺で来るだろうというコンディションの確認不足などですが、決勝ではそのあたりを考えて、最後までスピードを維持したまま走れたので良かったです。

今回のレースでは、優勝はもちろん、ロンドン世界選手権の標準記録突破を一番の目標にしていました。切れなかったのは練習不足などの理由があると思うので、それをかみ砕いて、次に活きるように練習していきたいと思います。

一昨年のうまく走れていた時と比較すると、前半が決定的に遅くて、腰がうまく乗れていない状況です。まずはそこを戻して、それだけでは現状維持なので、そこから最後伸びる走りになるように練習していきたいと思います。自分でも迷っているところがあるのですが、ひとつひとつ目の前のことをやっていきたいです。

今後は日本選手権まで試合にエントリーする予定はないので、そこでロンドンの参加標準記録を切れるようにしたいと思います。何度か世界大会に連れていってもらったことはあるのですが、走ったことがないので、個人で世界大会に出られるように頑張ります。

clipTwitter ★2017東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP
clip動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]

« 【競技結果】男子400m決勝/2017東日本実業団陸上 | トップページ | ジョン・マイナ選手競技後コメント/2017東日本実業団陸上 »

2017東日本実業団陸上」カテゴリの記事