前の記事へ

次の記事へ

音部拓仁選手競技後コメント/2017東日本実業団陸上

Ike_9817


男子走幅跳決勝 8位:音部拓仁 6m94
男子砲丸投決勝 9位:音部拓仁 12m12

pencil3週間後の日本選手権に向けて、良い流れを作るために今回の2種目を選びました。記録はあまり良くなかったですが、やっておいて良かったと思います。課題も見つかったので、大会に向けてそこにしっかり挑戦していきたいです。

走幅跳はまだ安定しておらず、風に左右されたり助走が違ったりと対応できていませんでした。砲丸投も投げ方を少し前に変えて試してみて悪くなかったので、これを日本選手権に向けて伸ばしていきたいと思っています。

日本選手権での目標ですが、一番は世界選手権の標準記録である8100点を越えることです。ただ、去年の大会で自己ベストを出せなかったので、最低限自己ベストの更新を目標に頑張りたいと思います。

Ike_9581

clipTwitter ★2017東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP
clip動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]

| |

前の記事へ

次の記事へ

このページの先頭へ