前の記事へ

次の記事へ

森岡紘一朗選手競技後コメント/2017東日本実業団陸上

Ike_7782

男子5000m競歩決勝 8位:森岡紘一朗 20分18秒05

pencil森岡紘一朗 競技後コメント

記録としても、あと15~20秒ぐらい速く歩けたらと思っていました。ただ、4月の50㎞日本選手権が終わって動き始めたばかりで、自分の思い描いている動きとのズレなど、今思っているような課題が多く出てきたなという感じです。ここから、じっくり合宿を行って秋以降の大会につなげていきたいと思います。

今大会に関しては現状の確認と、今考えているような早い動きでのコントロールなどを、実際にレースで確かめるのがテーマでした。思っているような課題がそのまま出たので、結果としては想定通りだったと思います。

若い力が世界のトップを狙えるレベルにあるので、一緒にトレーニングしていて刺激をうけていますし、自分も頑張らなければと感じています。この先は、秋の高畠での全日本競歩50㎞競歩を大きな目標になります。自己記録を更新していかないと世界からも置いていかれますし、国内もレベルが上がっているので、この流れに置いていかれないように多くの選手と力を高めあいながら、がんばっていきたいと思います。

clipTwitter ★2017東日本実業団陸上速報中!
clip富士通陸上競技部HP
clip動画【relentless today -輝ける場所へ-】専門種目も、タイプも、世代も違う二人のアスリート。彼らにとって、走る意味とは──。[高平慎士][松枝博輝]

| |

前の記事へ

次の記事へ

このページの先頭へ