第98回日本陸上競技選手権大会

福嶋監督総括コメント

Kam50081

pencil福嶋監督総括コメント
それぞれ出た選手は、日本選手権への想いみたいなものをぶつけて、現状の力を出し切ってくれたと思います。4つぐらい勝てるかなと思っていた中で、3つは勝ってくれたので、富士通らしさは出せたのかなという思いです。200mみたいな惜しいレースもありましたが、各選手は感じた悔しさを、次のステージにぶつけてほしい。ベストコンディションで戦えた選手・戦えなかった選手もいましたが、やっぱり日本選手権はベストで臨めないと勝てない。ここで一回終わりにして、このレースと今までやってきたことを自分なりに振り返って、長距離だったらホクレンや夏季合宿につなげるなど、この後何をすればいいのか考えていってほしいと思います。

岸本も足がおかしかったですが、意地で勝った。横田は冬場練習ができなくて急ピッチで仕上げた状態だったから、ああいう自分で作るレース展開だと最後までもたなかったですね。塚原や高平も復調の兆しが見えてきたと思うし、若手にやられて、自分の中で悔しさを感じてもらえればいいのかなと思っています。その感情が、あの2人に火をつけるきっかけになれば、もう一回元気になってくれるだろうし、澤野もいい状態で来ているから若手もそれにのっていける。トータルで見ると、完璧じゃなくても、一人ひとり日本選手権に対してのものはぶつけてくれたと思います。

これからまだ成長していかなけければいけないチームだと思っているので、皆さんが応援してくれているのは選手もわかっていると思います。我々ももちろん頑張りますが、みなさんに応援してもらえるのが一番なので、これからも引き続き応援いただけるとありがたいです。それに対して、何かの形で恩返しができればと思っています。

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

塚原直貴選手競技後コメント

Bl0t2914

男子100m決勝 5位:塚原直貴 10秒35

pencil塚原選手コメント
自分でも戦況は見えてなかったので、やるしかないという感じで走りました。今持っているものは出せたかなと思いますし、満足はしていないですが、充実した3本だったと思います。予選では思った以上にポンと記録が出たので、久しく走っていなかった10秒20台が出たのは合格点だと思いますね。まだまだ脇役ですが、いつか主役になりたいなと思います(笑)。

今日の決勝のような感じで飛び出せているということは、徐々に歯車があってきているのかなという感じです。つながりの部分はまだ厳しいですが、そういったところで勝負できるまで持っていくには、まだまだ研鑽が必要。ただ、今までと違うプロセスが踏める気はしているので、無駄なく、本来得たいものが多分得られるのかなと思っています。桐生君が非常に強いので、“打倒桐生”で土をつけたいなと思っています。

ここまで日本選手権にあわせてきたので、もう一度レースの内容を精査して、秋シーズンに向けて活かしていきたいと思います。アジア大会は厳しいかもしれないですが、希望も捨てずにやりたいとですし、ナショナルで色々な活動もできると思うので、そういった中で自分のポジションや場所に戻りたいというモチベーションを高めていきたいと思います。この感じだと、楽に記録が出せそうな気もするので、、今までと違った塚原直貴がお見せできればと思っています。
老け込む気持ちはさらさらありません!

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

岸本鷹幸選手競技後コメント

Bl0t2446

男子400mH決勝 1位:岸本鷹幸 49秒49 4連覇

pencil岸本選手コメント
今日はラスト300mいった時点で、これは勝てると思ったので、力まずリラックスして走れました。8台目のハードルで周りが見えていて、これは負けないという自信があったので、硬くならずに最後までいけました。前半は内側で見れましたが、他の選手に離されていたので、得意にしていた前半で全然いけなくなっているのがこの後の課題だと思います。

後半はある程度いけたのですが、最初は突っ込んでいったものの、タイムが出ていなかった。走力がかなり落ちたと感じていて、レース中に披露さえ感じることがここ最近はある。調子も良くないし、根本的な力が落ちているので、やることはまだいっぱいあります。タイムも遅いし、良く勝てたなと思います。

昨日よりもいい状態で走れたので、48秒ぐらいは出したかったのですが、タイムがうまくついてきてくれなかったので悲しいです。今後は、結果待ちですがアジアに内定すれば、そこで優勝したい。ここまで、練習が全くできていない状態で来ているので、うまく疲れを抜きながら練習を積んでいけたらと思います。

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

村上康則選手競技後コメント

Bl0t2535

男子5000m決勝 22位:村上康則 14分00秒32

pencil村上選手競技後コメント
スタートで前の方に行きたかったのですが出遅れて、ちょっと焦ってしまい、外側から前にあがっていきたかったのですが、無駄に足を使ってしまって最後伸びませんでした。監督からも前の方でレースをするように言われていたので、自分でも前にいかなければという焦りが出てしまいました。今思えば、もっと冷静に行けば良かったと思います。

地元のみなさんの前でいい走りを見せたかったのですが、ちょっと気負い過ぎたのもありました。力を出し切れなかったので、残根です。途中で集団が別れた時、前にいた4人の先頭集団にいられたら、途中足を使うこともなかったし、ラスト勝負にも対応できたのかなというはあります。レース展開が下手でしたね、今日は。

こういう本番に調子をあわせきれず、力を出し切れないのが自分の良くないところ。これから年齢的にも1試合ずつが大事になってくるので、しっかりコンディションを見直していきたいと思います。この後はホクレンの10000mで記録を狙っていきたい。本格的に10000mをやるのは、ほぼ初めてなので、自己ベストは切って走りたいと考えています。

◇福島のファンのみなさんへ
本当にたくさんの方に応援していただいたのに、不甲斐ない走りで申し訳ないです。これから頑張って、ニューイヤー駅伝などでメンバーに入り、テレビでみなさんにいい走りが見てもらえるように頑張っていきたいと思います。

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

田中佳祐選手競技後コメント

Bl0t2702_2

男子5000m決勝 27位:田中佳祐 14分04秒17

pencil田中佳祐選手コメント
少しきつい展開で、中盤からあげていきたかったのですが、序盤からあまり余裕を持てずにズルズルいってしまいました。あまり納得できないレースになってしまいました。

疲れも多少はありましたが、身体の状態は悪くなかったと思うので、集中力が持たなかったというか、昨日の1500mからうまく5000mに切り替えられていなかったのかなと思います

今日の展開なら、3000m過ぎ辺りで第二グループに入れたので、そこで粘りたかったという印象です。毎回そうですが、3000m~4000mの粘りがテーマ。その中間走の走りを改善していければ、またラスト勝負に絡んでいけると思うので、そこが一番の課題です。5000mはホクレンで2本走る予定なので、そこでベストを狙っていきたいと思います。

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

星創太選手競技後コメント

Bl0t2758

男子5000m決勝 5位:星創太 13分46秒28

pencil星選手競技後コメント
今回は外国人選手が出ていたので、どういう展開になるか予想できなかったのですが、後ろから見て冷静に対応しようと思っていました。最初は後ろで、徐々にあげていく展開でしたが、自分が思っているよりも力を使いながらレースに対応してしまっていたようで、ラスト勝負前に離れてしまったという感じです。前のグループで行けば最後に絡めたんじゃないかと思うと、悔しいです。

自分の力を出し切れば、また結果はついて来ると思っていたので、昨年の優勝は、あまり考えないようにしました。ハイペースでいった時にある程度前の方にいて、さらにラストスパートも出すレースができないと勝てないので、ある程度の走りではダメだと改めて感じました。

去年入賞程度だったら今回の順位でも喜んでいたかもしれないですが、前回は優勝しているので、悔しい気持ちがあります。ここまできたら、また日本一を目指していきたいと思うので、今後は5000mと1000mで記録を狙って行きたいと思います。

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

横田真人選手競技後コメント

Kam50138

男子800m決勝 8位:横田真人 1分50秒84

pencil横田選手コメント
ワンチャンスを狙うには、どしゃぶりの中で僕がいって周りがいくつかミスすれば勝てるかなと思っていたのですが、思い通りにはいきませんでした。1位でなければ2位も8位も一緒なので、試されていると思ってチャレンジしました。800mは勝てば世界にいけるという種目ではないので、チャレンジしないと次のステージに行けないし、行けないと価値がない。その意味では、こういう状況で前に出て積極的なレースができたのは、良かったと思います。

冬に怪我があって、4か月間ぐらいトレーニングができていない状態で、春先のレースも話にならないレベルでした。今日のレースは、ペース的に遅かったものの思っていた通りの展開で、川元選手が仕掛けてくるポイントも想定通りでしたが、抜かされてはいけないところで抜かされてしまった。これが今の状態の精一杯だったと思います。

この2年間、アメリカでチャレンジさせてもらって苦しい時期が続いたので、今はその期間をどう活かすか、自分の真価が問われているタイミングだと思っています。タイムは遅くなっていますし、その原因を突き止めて理解する段階にある。こういう状況が今までの競技人生でなかったので初めての作業になりますが、こういうことをするべきだろうというのは見えているし、それを実行するのが楽しみです。逆にそれができなかったら二流。ここでもう一回、日本記録を奪還して、世界選手権で準決勝・決勝と進めれば、そのV字回復が自分の力になる。それを目指してやっていきたいと思います。

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子100m決勝

Bl0t2889

男子100m決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:桐生祥秀(東洋大) 10秒22
2位:山縣亮太(慶應義塾大) 10秒27
3位:女部田祐(中央大) 10秒32
・・・
5位:塚原直貴(富士通) 10秒35

Bl0t2919

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子5000m決勝

Bl0t2707

Bl0t2681

Bl0t2702

男子5000m決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:佐藤悠基(日清食品グループ) 13分40秒99
2位:村山紘太(城西大) 13分43秒16
3位:菊地賢人(コニカミノルタ) 13分44秒43
・・・
5位:星創太(富士通) 13分46秒28
22位:村上康則(富士通) 14分00秒32
27位:田中佳祐(富士通) 14分04秒17

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

【競技結果】男子400m決勝

男子400m決勝の競技結果をお知らせいたします。

1位:金丸祐三(大塚製薬) 45秒69
2位:渡邉和也(チームミズノアスレティック) 46秒30
3位:小林直己(東海大) 46秒38
・・・
6位:廣瀬英行(富士通) 46秒75

clipTwitter ★日本選手権 現地から速報中!
clip富士通陸上競技部HP ★日本 選手権特集
clip富士通陸上競技部HP

| |

その他のカテゴリー

2009全日本実業団陸上 | 2010全日本実業団陸上 | 2010東日本実業団陸上 | 2010東日本実業団駅伝 | 2011世界陸上・韓国 | 2011全日本実業団陸上 | 2011東日本実業団陸上 | 2011東日本実業団駅伝 | 2012全日本実業団陸上 | 2012東日本実業団陸上 | 2012東日本実業団駅伝 | 2013全日本実業団陸上 | 2013東日本実業団陸上 | 2013東日本実業団駅伝 | 2014東日本実業団陸上 | お知らせ | グランプリシリーズ2010 | グランプリシリーズ2011 | スーパー陸上2009川崎 | スーパー陸上2010川崎 | ニューイヤー駅伝2010 | ニューイヤー駅伝2011 | ニューイヤー駅伝2012 | ニューイヤー駅伝2013 | ニューイヤー駅伝2014 | フォト日記 | マラソン2012 | 東日本実業団駅伝2009 | 第17回アジア競技大会(2014/仁川) | 第34回全日本競歩能美大会 | 第35回全日本競歩能美大会 | 第36回全日本競歩能美大会 | 第46回千葉国際クロスカントリー | 第49回全日本競歩高畠大会 | 第93回日本陸上競技選手権 | 第94回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第94回日本陸上競技選手権大会 | 第94回日本陸上競技選手権大会50km競歩 | 第95回日本陸上競技選手権 | 第95回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第95回日本陸上競技選手権大会50km競歩 | 第96回日本選手権50km競歩・第51回全日本競歩輪島大会 | 第96回日本陸上競技選手権 | 第96回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第97回日本選手権50km競歩 | 第97回日本陸上競技選手権 男子・女子20km 競歩大会 | 第97回日本陸上競技選手権大会 | 第97回日本陸上競技選手権大会・混成競技 | 第98回日本陸上競技選手権大会 | 第98回日本陸上競技選手権大会・混成競技

このページの先頭へ